戦略・経営管理

Digital
Transformation

logo.png

現下の企業戦略及び経営管理を構築するにあたっては、デジタルの力を推進力とした変革を抜きにして語ることはできません。企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)は全ての企業が目指す潮流となっています。しかしながら、多くの日本企業でDXの名のもと実行されている取り組みはデジタルツールの場当たり的な導入や改善の集合体となっており、「変革」とは程遠いものとなっています。
この様な状況は、経営の方向性と整合する形でDXのビジョンを構築し、それを実現するシナリオとしてのDX構想に落とし込むという行為が日本企業に欠如しているからに他なりません。
 

B&DXは真のDXを目指す日本企業を対象に、中長期的な経営ビジョンを具現化するための「DXビジョン」の策定を支援します。
 

更に、そのDXビジョンを実現するには変革の手順に落とし込む必要があります。日本企業が長年の営みの中で培ってきた成功体験の裏にある「習慣病」とも言える変革の阻害要因を乗り越え、実現していく必要があります。

 

B&DXはこのような日本企業を変える要諦を押さえた実行シナリオとしての「DX構想策定」を支援します。

Services
~主なサービス~

DXビジョン策定

企業が目指す経営ビジョンを実現する上で、今やデジタルによる企業変革(デジタルトランスフォーメーション:DX)が必須の時代となりました。そのため経営ビジョンを支える要素として「DXビジョン」の策定が求められています。
5年・10年先のDX達成後の在り方を納得性の高い形で策定するには、現在の取り組みの延長線としてのDXビジョンではなく、関連する技術動向の予測や、社会変化の予測といった客観的な情報の取り込みが求められます。また、どこまでを自前の技術で実現し、どの様な要素を外部との協働で補うのかといった視点抜きには企業の進化速度を高めることはできません。客観的に自社の強みを直視し、それをデジタルの力でどのように進化させるのかということを突き詰める必要があります。

 

B&DXは必要となる客観的な情報を提供すると同時に、それがクライアント企業及び市場にとってどのようなインパクトがあるのかを提示します。

また、一方的に検討結果を提示するのではなく、クライアントメンバーとの徹底的なワークショップ討議を通じ納得性の高い唯一無二のDXビジョンを共に策定します。

DX構想策定

DXの必要性は認めるが、自社にとってどれだけの変革機会があるのか?具体的な効果を享受しつつ進められるのか?投資が大きく先行して思った効果が得られないのではないか?等々、DXを検討する企業経営層には様々な疑問や課題が突き付けられます。DXを推進するにあたっては闇雲に着手するのではなく、全体の構想を立て、変革のオポチュニティを客観的に評価したうえで、投資対効果が高く、かつリスクの低い領域から順次取り組むことが重要です。

 

B&DXでは蓄積されたDX支援経験をもとに実現性を重視したDX構想策定を支援します。実現性を高める観点として、客観的な技術トレンド・必要な組織能力といった考慮すべき観点を網羅的に提供します。

 

また、自社内プロセスのDXから取引先接点のDXへと発展させることで、確実な成果を上げながら成功体験を積み上げて改革を加速していく進め方を可能とします。最終的に投資を含めた経営判断のタイミングを明確にした実行計画に落とし込み、経営層から見て納得性の高い構想へと導きます。